HOME > アイルランド便り > アイルランド便り 

 

Irish Museum of Modern Art

modern museum cafe.JPG

 

先週アイルランドに
"mini-heatwaveがやって来ている"
と書きましたが、
どうやらminiでは無くなって来ているようです。
連日の高気温と雨の不足...。
「晴れ」に備えていないアイルランドは、
さっそく水不足に悩まされています。
まだ生活に直接の影響はありませんが
庭への散水や洗車、プール遊びは辞めてくださーい
とニュースでも呼びかけがあります。

さて、そんな中暑さにへこたれ気味だった私ですが
運動のため自宅から歩いて、美術館に行ってきました。
フェニックスパークの近くにひっそりと佇む、モダンアートの美術館。
暑さや現実の疲れがすーっとひいていくような、素敵な空間でした。

特に写真のカフェは地下にあって、北極のお家?みたいなイメージで、本当に素敵。
見かけによらず、食べ物も飲み物も充実していました。
なぜかお客さんはまばらどころか、がらがらでしたが...。(こんなに素敵なのに)
近くにミュージアムショップがあるので、そこで本を買って
このカフェで半日過ごしたりするのも良いなあ...と妄想が広がります。

 

実は大学生時代、美術館でバイトしていたことがあるぐらい
私は美術館という空間が好きです。
癒されます。
そういえば、アイルランドではほぼ全ての美術館が入場無料なので
日本人には嬉しいポイントかも。

しかし肝心の展示はというと、なんとメインの展示室がすべて改装中...。
今秋にはリニューアルオープンする予定らしいけれど、
きっとアイリッシュタイムでもっと遅れるんだろうな...。
というわけで、唯一営業中という
美術館の敷地内にあって、さらにひっそりと佇む
小さな建物の期間限定の展示を見てきました。
"cloud illusions i recall" (訳:私が思いだす雲の幻影?)
というテーマでしたが、広い室内にばーんと茶色のソファだけ置かれていたり
ぼそぼそと聞き取れない女性の独り言?がスピーカーから流れていたり
かなり前衛的で、正直私にはちんぷんかんぷん...

でもそこで出会ったCerish Wyn Evansという人の写真集の中の言葉
"Thoughts unsaid, now forgotten..." (訳:語られなかった思想は、忘れられてしまう...)
これは気に入ったので、メモして帰って来ました。
日本好きの方のようで、
日本の写真がいっぱい見れたことも嬉しかったです。
大分県の湯布院の広告を、ものすごく格好良い角度で撮っていたり (笑)
言葉が分からないこそ、外国人だからこその視点があるなあ。と
ここで外国人として存在している自分を励ましてみたり、してきました。



 

 

 

ページTOPへ

お見積もり

カウンセリング

留学手続き・申し込み

現地情報

留学体験記

提携校一覧

アイルランド生活ブログ

AIGの海外旅行保険

AIG損保のサイトへジャンプします。

個人情報保護方針、勧誘方針及び

推奨販売方針はコチラ

AIGの海外旅行保険