HOME > アイルランド便り > アイルランド便り 

 

コーヴ

cobh.JPG

 

コークから列車で南へ30分。
小さな港町、コーヴに行ってきました。

コーヴは小さいながらも

タイタニック最後の寄港地となったことと
北アメリカへ多数の移民を送り出した歴史から、立派な観光地です。
(しかし名前が似てますね。コークと...)

家ウォッチングが何より楽しい私は
タイタニックミュージアムに背を向ける形で
急な坂道をのぼっていき
目的のカラフルな家並みに会ってきました!
やっぱり、家はいいですね。
それぞれの家主の性格を反映した出窓の装飾や
何度も塗り重ねられたペンキを見ているとほっとします。

「ここに人が暮らしている」

と思うだけで、なんだかわくわくします。
美しい教会やミュージアムももちろん素晴らしいですが
家の良さは、今まさにそこで生活が営まれているという事実。
人は、身の回りの環境を一番重視すると思うので
快適に暮らすための工夫を見つけると嬉しくなります。

 

アイルランドの住宅は日本と比べて、見た目がカラフル^^
また建物の歴史を尊重して
少しずつ手を加えてきたものが多いので、情緒があります。
首都ダブリンでさえ、2~300年前のジョージア朝様式の建物をそのまま多数残しています。
地震が無いことも理由としてあると思いますが
人々のスピリットとして、残そうという姿勢が感じられます。

写真の右端に微かに見える、古い教会。
日曜日だったので、礼拝を終えて出てくる人々がたくさんいました。
ちょっとおしゃれをして出てきた、という雰囲気のおばあさんが多かったことが印象的。
年をとっても、ショッキングピンクのショールを優雅にまとうおばあさん。
いいですね。
初めて訪れたコーヴは
自分の精神状態を反映していたのか、平和でゆったりできる場所でした。


 

 

 

ページTOPへ

お見積もり

カウンセリング

留学手続き・申し込み

現地情報

留学体験記

提携校一覧

アイルランド生活ブログ

AIGの海外旅行保険

AIG損保のサイトへジャンプします。

個人情報保護方針、勧誘方針及び

推奨販売方針はコチラ

AIGの海外旅行保険