HOME > アイルランド便り > アイルランド便り 

 

骨董巡り in ダブリン

cat.jpg

 

小さい頃から骨董屋さんを冷やかすのが好きでした。
何を買うわけでもありませんが、明治や昭和のセンスに直に触れられる
(博物館と違って、文字通り触れるのが面白い)
骨董屋さんにいると、いつも時間を忘れます。
時間の捉え方が数十年単位になるため、現世の1分や2分にあくせくすることが
意味の無いことに感じてしまうのかもしれません。

ダブリンにも、意外とアンティークショップが多いです。

大体がのんびりとした個人経営で
主人が店内で堂々とアイリッシュブレックファスト(!)を食べていたりします。
シティセンターでも、少し路地を曲がると店の規模が途端に小さくなって
魅力的なアンティークショップや、店内がぼこぼことした洞窟みたいなパブに遭遇します。


特にルートを決めずに、1日ダブリンでアンティークショップ巡りも面白いかもしれませんね。
DART(ダブリンの電車)に乗って、"Blackrock"駅で降りれば
毎週マーケットが開かれていて、そこでも骨董に出会えます。
骨董好きで無い方からすれば、ただの薄汚れたテディベアだったり
壊れかけた椅子、ボロボロの古書、使用済みのポストカードに過ぎないのですが...。
ちなみに写真の猫は、ダブリン南部ラスマインズにある骨董屋さんで見つけました。
毎日、ガラス越しに道行く人々を睥睨しています。
よく分からない中華風?のパターンを施されていますね。
とても気になっていたので、思わず写真を撮りました。

 



 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

ページTOPへ

お見積もり

カウンセリング

留学手続き・申し込み

現地情報

留学体験記

提携校一覧

アイルランド生活ブログ

AIGの海外旅行保険

AIG損保のサイトへジャンプします。

個人情報保護方針、勧誘方針及び

推奨販売方針はコチラ

AIGの海外旅行保険