HOME > アイルランド便り > アイルランド便り 

 

セントパトリックスデー

parade.JPG

 


数週間、セントパトリックスデーを待ち望んでいたダブリン。
ショップウィンドウがみどり色なのはもちろん、ミント味のチョコレートがリリースされたり
シャムロック(三つ葉)のクッキーがメニューに加わったり。

いよいよ当日となった今日、わくわくしながらカーテンを開けると
案の定...


雪でした。(笑)

 

朝から雪やら雨やら雹やらで、散々のお天気だったので
パブの中からパレードを眺めることにして正解でした。
ダブリン生まれ、ダブリン育ちのアイリッシュに事前にパレードが見えるパブをアドバイスして頂いていたのですが
ご覧の通り混み込みで
(パブの開店は朝10時半ですが、10時過ぎの時点で既に列が。。。)
しかしその雑多な感じがダブリン、という気がしないでも無く、良い雰囲気でした。

ものすごい人の密度と熱気で、明らかに酸素が足りていないです。

 

10年前、このパレードに参加したというフレンドリーなアイリッシュに話しかけられたのですが
この寒い(すみません)パレードで行進するのには

ものすごい倍率の抽選に当選しなければならないとか。
気温のせいか一番印象的だったのは、ブラジル代表の方たちのビキニ姿でした。

アイリッシュもここぞとばかり朝からビールを飲みまくり、騒いでいましたが
シティーを抜けると分別のある地元の方達が
静かにパブで自分の時間を過ごしていました。(つまり、いつもの日曜日)
彼らって本当にマイペース。

 

セントパトリックスデー、表参道のパレードはもっと良い天気だったのでしょうか?
多くのアイルランド人はこの通り 約半日をパブの中で過ごしていたので

パレードらしさで言えば、東京の方が勝っていたかもしれませんね。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

ページTOPへ

お見積もり

カウンセリング

留学手続き・申し込み

現地情報

留学体験記

提携校一覧

アイルランド生活ブログ

AIGの海外旅行保険

AIG損保のサイトへジャンプします。

個人情報保護方針、勧誘方針及び

推奨販売方針はコチラ

AIGの海外旅行保険