HOME > アイルランド便り > アイルランド便り 

 

ホットチョコレート

hot chocolate.jpg

1

2月ももう終わりですね。

 

1月は行き、2月は逃げ、3月は去るー という日本の言い伝えもありますが
1月、2月は寒くて長かったーー というのが個人的な印象です。

長かったけど、寒かったけど、寒い季節がもう少しで終わってしまうことが悲しい。
なぜなら

暖かくなったらホットチョコレートが楽しめなくなるかもしれないからです。

 

ダブリンでは、コーヒーショップへ行けばかなりの確率でホットチョコレートを楽しめますが

クオリティーはお店それぞれ。
試行錯誤した私の一押しはButlers chocolate(^^)
だんぜん、Butlersです。

 

Butlersが好きな理由はまずチョコが美味しいこと
店で飲み物(ホットチョコレートだけでなくコーヒーやティーもやっています)を注文すると
もれなく1つ、チョコレートをサービスしてくれること。
このチョコレートを選ぶ瞬間が至福の時です。

 

写真のHot Chocolate DrinkはHot Chocolateの素です。

固形の甘いチョコレートが中に入っていて
自分でミルクだけ用意して、しばらくミルクとチョコを鍋に入れてぐつぐつしていたら
簡単にHot Chocolateが出来ました。
欲深いとミルクの味が強すぎる残念な結果になりますが(皆さん気をつけましょう)
用量を守ればちゃんとButlersの味が再現できます。

素晴らしい!

 

最後になりましたがとっておきのレシピを紹介しますね。

①ホットチョコレート+マシュマロ :甘いものに甘いもの...と思うかもしれませんが、マシュマロの溶けかけたのがめちゃめちゃ美味しいです。

②ホットチョコレート+オレオクッキー :また甘いもの同士...と疑うかもしれませんが、オレオクッキーの微かな塩味と、ホットチョコレートのコンビネーションが天才的にマッチします。そうです、クッキーをホットチョコレートにそのままインするのです。クッキーとクッキーの間のクリームも、チョコの中に溶けるとスタバのホイップクリームみたいな働きをして絶妙!

 

※もちろんこのレシピは、Butlers大先生の提案するレシピで、私のオリジナル等ではありません。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

ページTOPへ

お見積もり

カウンセリング

留学手続き・申し込み

現地情報

留学体験記

提携校一覧

アイルランド生活ブログ

AIGの海外旅行保険

AIG損保のサイトへジャンプします。

個人情報保護方針、勧誘方針及び

推奨販売方針はコチラ

AIGの海外旅行保険