HOME > アイルランド留学 > ワーキングホリデー

アイルランド ワーキングホリデー

ビザの内容と申請方法

NEW! 2022年度第2回申請受付期間が発表となりました(2022/6/23)

2022年第2回の申請受付が決まりました。今回も受付は2回に分けて行われるようです。
申請期間 7月15日(金)~7月31日(日) → 8月4日(木)に抽選結果発表
申請期間 8月1日(月)~8月31日(水)   → 9月6日(火)に抽選結果発表
詳細は下記ページをご参照ください。

>>>駐日アイルランド大使館ホームページ


アイルランド・ワーキングホリデー・プログラムは、最大1年間アルランドに滞在し、就労・学習が可能なビザです。アイルランド大使館で許可証(ワーキング・ホリデー・オーソリゼーション)の申請をします。

申請受付期間内に大使館にEメールで申請書を提出し、抽選結果を待ちます。申請は先着順ではありません。
当選した方は、次にパスポートと必要書類一式を提出します。
海外旅行保険証や航空券の手続きも必要です。弊社ではワーホリ特別海外旅行保険を扱っています。
語学学校の手配も行っています。

留学の目的が語学研修のみの場合は、学生ビザのインフォメーションはコチラ>>>

2022年度 募集要項

第1回申請期間 2022年1月31日(月)~3月31日(木)※終了
2022年9月30日以前のご出発を希望される方対象。 

第2回申請期間 2022年7月15日(金)~8月31日(水)
(2022年10月1日以降、2023年3月20日以前の渡航を希望される方対象)

※2020年よりビザの発給枠が400名から800名に増えました。また、ビザ申請料が13,800円に変更となりました。
※2017年は特別に募集が3回行われましたが、2018年以降は年2回の募集となっております。

※2017年よりビザ申請が有料となりました。申請許可が下りた方は、60ユーロ(7,900円)の支払いが必要です(※2018年の料金です)
※2015年第2回申請時より、必要な書類は原則として変わりませんが、申請手順が変更となりました。初めに申請書のみをEメールで大使館に送付し、履歴書、残高証明、卒業証明などは、審査に受かり、申請許可が下りた後に航空券や保険証などと一緒に提出となります。詳しくは下記のリンクから大使館のホームページをご参照ください。

申請資格

日本国籍を持ち、申請および受理時点で日本に居住していること。
アイルランドで休暇を過ごすことを本来の目的とすること。
申請書受理時点で18歳以上30歳以下であること。
生活に必要な十分な資金を持っていること(50万円以上の本人名義の残高証明書が必要)。
有効なパスポートと帰国用航空券またはそれが購入できる十分な資金を持っていること。
扶養家族(配偶者を含む)を同伴しないこと。
以前ワーキングホリデーでアイルランドに渡航した経験がないこと。
健康かつ犯罪歴がないこと。
保険に加入すること。
1
ワーキング・ホリデー・オーソライゼーション(許可証)の申請書は

アイルランド大使館ホームページ

からダウンロードできます。
1

 


1
1
アイルランド留学センターのワーキングホリデーサポートプログラム

 

出発前・出発後 充実のトータルサポート!

アイルランド留学センターは、ワーキングホリデーをトータルにサポートしております。
ワーキングホリデーに参加を希望される方のために、許可証の申請のしかた、出発前の準備、渡航後の語学学校の手配などのお手伝いをしております。
海外旅行保険のみの手続きも承ります(手続き無料)。

 

サポート

ワーキングホリデーサポート費用は¥11,000です。サポート内容は下記のとおりです。

出発前

以下のサポートが含まれています

ワーキングホリデーに関する現地情報を含めたカウンセリング常時受付(来社でも電話でも可能)
 ワーキングホリデー申請用紙、英文履歴書見本を差し上げます
 申請書と英文履歴書の添削およびアドバイス
 保険のご案内・加入手続き
● 語学学校手続き(別途手続代行料がかかる場合があります)
 
● ハンドブック進呈
 
航空券に関するご相談、見積り
 
 
 
到着後


 外国人登録のアドバイス
 語学学校の延長・新規手配など
 社会保障番号(PPS)取得のアドバイス
 フラットシェア、ハウスシェアなど住居探しのアドバイス
 仕事やボランティアの探し方、登録の仕方のアドバイス
ご旅行相談
 携帯電話、シムカード等についてのご案内
 
 
a
a
※上記料金は予告なく変更となることがございます。

その他の手配

上記のサポートとともに、ご希望により下記の手配もいたします。
語学研修
現地で働いたりボランティアをされるには、ある程度の英語力があると有利かと思います。
語学学校に通われたい方は、ご希望の期間の語学研修を手配いたします。
(手配につきましては、当社の語学学校手配の申込条件に準じます)

語学研修費用の一例

下記は一般英語コースの費用の一例です(授業料+ホームステイ代)。
4週間 約25万円~
8週間 約45万円~
12週間 約65万円~

学校選びのご相談、費用見積りなどはお気軽にお問い合わせください。

語学学校申し込み

現地ホームステイ手配
語学学校に申し込む場合、学校がホームステイを手配します。
留学生保険手配
ワーキングホリデーの申請が許可され次第、パスポートと共に留学生保険の保険証書を大使館に提出する必要があります。リーズナブルなタイプをご用意しています。


アイルランド・ワーキングホリデー・プログラムは、最大1年間アルランドに滞在し、就労・学習が可能なビザです。アイルランド大使館で許可証(ワーキング・ホリデー・オーソリゼーション)の申請をします。
資料請求 お見積り カウンセリング 留学手続き・申し込み

ページTOPへ

※大使館に申請後、ワーキングホリデービザ取得の連絡を受けた方は、次に保険と航空券の手続きが必要です。

弊社ではアイルランドへの格安航空券やワーホリ特別海外旅行保険を扱っています。

現地サポート、学校手配、滞在先の手配も行っています。
語学学校の授業料が割引になる特典があります。
お電話またはEメールでお気軽にご相談ください。

お見積もり

カウンセリング

留学手続き・申し込み

現地情報

留学体験記

提携校一覧

アイルランド生活ブログ

AIGの海外旅行保険

AIG損保のサイトへジャンプします。

個人情報保護方針、勧誘方針及び

推奨販売方針はコチラ

AIGの海外旅行保険